News

唐泊VILLAGEの最新情報をお届けします。

【コラム】正しいサウナの入り方、知っていますか?

2021年5月2日

サウナの正しい入り方

ローカルギルドの1つ、運営サポートをメインに担当している便利屋ギルド代表のシャンディです。

数年前に世界一周した際、世界各地のさまざまな種類のサウナを巡るほどサウナが大好きです。

今回はそんなサウナ好きが、唐泊VILLAGE流サウナの正しい入り方を紹介したいと思います。

正しいサウナの入り方とは

  • カラダを拭いてサウナにはいる
  • シャワーやかけ水後に水風呂
  • カラダの水を拭き取り外気浴
  • サウナが好きすぎてサウナの入り方をテーマにアニメーション動画を社内で作ってもらいました。

    サウナ、水風呂、外気浴をだいたい3セット繰り返すと、カラダが「ととのう」状態になると言われています。銭湯など外気浴ができない場所では洗い場の鏡の前にイスを置き、休憩するといいでしょう。

    テントサウナの特徴

    テントサウナ
    体験型グランピング施設、唐泊VILLAGEにはテントサウナがあります。

    テントサウナの特徴は日本の銭湯で禁止されていることが多い禁断の技、「ロウリュ」ができることです。ロウリュは熱々のサウナストーンに水をかけることで蒸気を発生させ、体感温度を上昇させることができます。

    サウナが苦手という人は、日本のカラカラで刺激的な熱さの乾燥サウナにしか入ったことがない人が大半ではないでしょうか。ぜひ唐泊VILLAGE宿泊の際にはロウリュができるテントサウナで、本当のサウナの快感を体験してみてください。

    テントサウナの入り方

    サウナ前の事前準備

    テントサウナの入り方1
    用意しているサウナポンチョ着て、ドリンクコーナーからペットボトルに入った水を持っていきましょう。

    薪ストーブに火をいれテントを温める関係で、実際に入りたい30分前にはスタッフに声をかけておくとスムーズに入れます。ご自身でストーブに火を付けるところからやるのでも問題ありません。

    サウナでロウリュを楽しむ

    テントサウナの入り方
    準備ができたらサウナに入りましょう。アツアツのサウナストーンに水をかけ、テント内の温度を上昇させます。

    銭湯などのサウナは1回10分前後と言われていますが、テントサウナはじんわりと温度があがる関係もあり、20-30分入っていても苦しくありません。

    一緒にきた仲間との会話を楽しみながら、体調と相談して「水風呂に飛び込んでも寒くない」イメージができるまで入りましょう。

    水風呂or海にダイブ

    テントサウナの入り方
    カラダが十分にあたたまったら、次はメインディッシュの水風呂です。

    サウナポンチョを脱ぎ、テントサウナの前に準備している井戸水を組み上げた水風呂に、かけ水をして入りましょう。ヴィレッジ横の海に飛び込むのも通な楽しみ方です。

    「みんなで創る村、唐泊VILLAGE」らしく、今後はみんなで水風呂を掘るなんてプロジェクトをしても面白いかもしれません。

    外気浴を楽しむ

    テントサウナの入り方
    水風呂のあとはサウナポンチョを再び身に纏い、外気浴をお楽しみください。

    見渡す限りの大自然、鳥のさえずりや、波の音をBGMに、ととのいモードに突入しましょう。

    とくに夜の外気浴はグランピング場のライトアップと星空のコラボレーションが最高です。

    カテゴリー

    最新の記事

    to top ご予約はコチラ